総合無線通信士

総合無線通信士

【総合無線通信士の資格とは】(国家試験)
・総合無線通信士は、国家資格で総務省が管轄する無線通信士の区分のひとつです。
・資格レベルは、無線通信士1級、無線通信士2級、無線通信士3級があり、無線通信士1級の有資格者は、航空機・船舶・陸上や国内通信・国際通信の区分なく総合的に無線通信が扱えるオールマイティーな存在となります。日本の法律では、逆から見れば扱う無線によって免許区分が細分化されているということになります。

 

【総合無線通信士の資格を取得する過程】
・受験資格は、特にありません。
・無線通信士1級を取得した人の主な活躍の場は、海運会社や電気通信事業会社といった企業から、地方公共団体や組合が開設する大電力漁業無線局、また海上保安庁、警察庁、防衛庁といった省庁までと幅広いのであります。
・無線通信士のオールマイティーである総合無線通信士1級を取得できればこれ以上いいことはないですが、1級は超難関であるため、無線を必要とする職業に応じて下級ライセンスを取得するケースが多いのです。業務に関係する範囲の無線を扱える資格を取得していれば、求人・募集も多いので、就職・転職の時にアピールとなるでしょう。
・試験対策は、独学ではなかなか厳しく、専門学校・通信教育等を利用し、頻出問題を集中的に勉強できるテキスト・問題集・過去問題などを繰り返し復習しましよう。また、傾向と対策が把握できる講習会も合わせて利用して一発合格を目指しましょう。

 

【総合無線通信士の試験日程】
・3月、9月。

 

【総合無線通信士の合格率・難易度】
・1級:10.5%、 2級:4.4%。

 

【総合無線通信士の収入・年収】
・ーー

 

【総合無線通信士の資格に向いているタイプ】
・いろいろな業種で有効となります。
・就職・転職に役立てたい人。

関連ページ

フライトアテンダント
航空・海運・陸運の資格:【フライトアテンダントの資格とは】フライトアテンダント、(客室乗務員)は、旅客機の運行中に機内客室において乗客への接客サービスや緊急時の誘導などを行う乗務員...
グランドホステス
航空・海運・陸運の資格:【グランドホステスの資格とは】空港で最初に出会うエアラインスタッフ。カウンターでのチェックイン業務、手荷物の受付等、搭乗するまでの一連の業務を担当する仕事を...
通関士
航空・海運・陸運の資格:【通関士の資格とは】(国家試験)物品の輸出入には、違法な物品を取り締まると同時に、関税や消費税などを正しく徴収するための、税関の許可が必要となる。その許可を受けることを通関...
タクシードライバー
航空・海運・陸運の資格:【タクシードライバーの資格とは】タクシードライバーの仕事は、お客を目的地迄安全に、スピーディに送り届けることであり、接客業、サービス業の要素も含まれるものである...
自動車整備士
航空・海運・陸運の資格:【自動車整備士の資格とは】(国家試験)自動車整備士とは、自動車の安全な走行を維持するために、自動車の定期点検や部品交換、車検の実施、事故車両の整備などを行なう仕事...
航空管制官
航空・海運・陸運の資格:【航空管制官の資格とは】(国家試験)航空管制官は、空港に建つ管制塔から、航空機の交通整理をするプロフェッショナルです。航空管制官は、飛行中の全ての航空機の位置関係を、レーダー...航空管制官の仕事です...
潜水士
航空・海運・陸運の資格:【潜水士の資格とは】(国家試験)潜水士は、送気やボンベから空気をもらいながら潜水業務を行なうときに必要となるライセンスです。高気圧障害などの危険があるため、潜水に必要な知識を問う免許制が実施されています...
中古自動車査定士
【中古自動車査定士の資格とは】中古自動車査定士は、中古車の査定が的確にできる人材に付与される資格で、「中古自動車査定制度」に基づき、消費者を保護する目的で(財)日本自動車査定協会が認定しているものです...
陸上無線技術士
【陸上無線技術士の資格とは】(国家試験)陸上無線技術士、無線に関するライセンスの区分のひとつで総務省が管轄します。船舶や飛行機の無線を使用する場合などの例外を除いて、陸上の大半の無線を扱える資格であります...
特殊無線技士
【特殊無線技士の資格とは】(国家試験)特殊無線技士の業務によって、つまり海上特殊無線技士・陸上特殊無線技士・航空特殊無線技士というふうに必要な資格が異なります。 ・陸上特殊無線技士3級は、タクシー無線やトラック無線など、陸上移動する無線...