趣味 教育関係 資格一覧

趣味関係、教育関係の資格おすすめ一覧

趣味関係、教育関連の資格試験一覧でおすすめを紹介しています。
各資格の内容は、「資格とは・資格を取得する過程・試験日程・合格率難易度・収入・資格に向いているタイプ」を説明しています。

注目の特集!

 

趣味・教育の資格記事一覧

【香道の資格とは】・香道とは、天然の香木を焚き、その香りを楽しむものです。流儀は幾つかあり、また香道作法や流儀などがおのずと異なります。・香道の直心流は志野派から派生し、天然の香木だけでなく、錬り香を使用するのが特徴で、初心者に対しても馴染みやすいでしょう。・香の基礎知識、たき方、聞き方、味わい方から、香席の客作法、香道伽羅の聞き方などを身につけていくことで、認証状が取得できます。・ぜひ継承してい...

【華道の資格とは】華道には、池坊、小原流、草月流、古流等、数々の流派があり、それぞれ資格制度も異なる。小原流の場合は、統一カリキュラムによる単位制で、初等科(8単位)、本科(16単位)、師範科一期(16単位)、師範科二期(16単位)、准教授(16単位)と進む。センスを磨いて、顧客を獲得すれば、パーティやショップのディスプレイで腕を発揮する事も可能。【華道の資格を取得する過程】・受講資格は、特になし...

【陶芸家の資格とは】土を選び、成形し、窯で焼成し陶磁器を創る。陶芸家の裾野は年々広がりその道を目指すことは並大抵なことではない。専門学校で陶芸を学んだ後、弟子入りするか、いきなり弟子入りして技術を学ぶ。就業期間は2〜3年は必要だ。【陶芸家の資格を取得する過程】・作陶関係の学校(スクール)で取得、卒業後は各地の窯元等で働くのが一般的。有田焼、信楽焼、備前焼、益子焼等窯元の多くは伝統工芸の継承者。【陶...

【ピアノ教師の資格とは】ピアノを通じて心の豊かな情操教育を行い、音楽の楽しさも伝える仕事である。【ピアノ教師の資格を取得する過程】・音楽の素養のない人は養成学校(スクール)で取得する道がある。資格は必要でないが、(財)ヤマハ音楽振興会が行う音楽能力検定の5級以上の演奏グレードを取得しておくと強みに。求人募集をチェック。職場は楽器店等が主催する音楽教室の他、自宅で教室を開いたり、生徒宅へ出張して教え...

【幼児リトミック指導員の資格とは】幼児リトミック指導員は、性格や潜在能力の大半が形成される大変重要な幼児期に、音楽リズムを中心に、心身の調和を図り、豊かな感性・創造性を育むことを目的として、ピアノの伴奏に合せて歌いながら子供達と一緒に身体を動かしたり、工作、お絵かきを指導をしている。【幼児リトミック指導員の資格を取得する過程】・学校(スクール)のプロ養成コースで取得。学校(スクール)卒業後、カルチ...

【漫画家の資格とは】漫画を描く職業。絵を描くだけではなく、ストーリーを決める力や個性を必要とする。イラストレーターとして活躍する人もる。雑誌連載原稿料だけの仕事では生活は苦しく、単行本になると安定収入が望める。 【漫画家の資格を取得する過程】・出版社に持ち込むかコンテストに応募、認められてデビューというケースが多い。新人の頃は他の漫画家のアシスタントをする仕事が主な収入源だったりする。学校(スクー...

【アニメーターの資格とは】アニメーターは、アニメーションの制作過程において、1枚ずつ絵を描く作画作業の仕事を担当する者のこと。プライベートアニメでは全ての作画作業を1人で行なうことが多いが、商業アニメではほとんどの場合分担制が敷かれ、作画作業は原画と動画に分けられる。【アニメーターの資格を取得する過程】・専門学校(スクール)、養成所等のコースで基礎を学び、映画製作会社やプロダクション等に就職するの...

【イラストレーターの資格とは】イラストレーターとは、あるコミュニケーションを目的とした絵を描くグラフィックアーティストを指す。イラストは複雑な概念をより一層明確に伝える目的もあり、文章表現が難しい対象を解説するために用いられ、児童文学の挿絵や絵本等にあってはイラストそのものを娯楽目的として描かれることもある。専業のイラストレーターも多いが、雑誌や小説のイラストでは漫画家・アニメーターが兼業している...

【書道の資格とは】お稽古ごととしてお馴染みの書道。書道に関する教室や団体の中には、書道教授の資格を認定しているところもあり、お稽古毎の定番からステップアップして教える側になりたいと希望する、主婦やOLに人気である。講師として書道関連のスクールに勤務したり、自宅で教室を開く等、地域や企業のサークル等で教える道もある。日本教育書道芸術院の師範養成科コースは初心者を対象に2年間で、漢字の楷書・行書・草書...

【グリーンコーディネーターの資格とは】コンクリートジャングルにもたとえられる都市空間に、いきいきした緑を供給する人たち、それがグリーンコーディネーター。私たちにやすらぎや快適さを運んでくれる植物たちを、いかに室内に調和させ、すてきな演出をするかがテクニック。インテリアとして生きた植物を置くことが、ごく一般的になった今、緑を愛する人注目の仕事である。【グリーンコーディネーターの資格を取得する過程】・...

【ピアノ調律師の資格とは】繊細なピアノのケアを行なう、調律師の仕事。ピアノメーカーなどに付属する養成機関や、音大の調律科などで学び、必要なスキルを身に付ければ、資格や免許がなくても調律師になることは可能であるが、調律師としての技術レベルを向上させ、社会的な信用を得るには(社)日本ピアノ調律師協会の会員になることが望ましい。【ピアノ調律師の資格を取得する過程】・受験資格は、ピアノ技術者としての実務経...

【賞状技法士(賞状書法)の資格とは】パソコンが普及したとはいえ、いまだに仕事のニーズがある、筆を使って賞状を書く技能を認定する資格である。まず、養成講座、通信講座、通学講座で、賞状を書くための筆力や、文字の大きさ、レイアウトのセンスなど、具体的なスキルを学ぶ。養成講座の終了時に、受験可能。賞状技法士1級、賞状技法士準1級、賞状技法士2級、賞状技法士3級の4種類がある。賞状技法士のニーズは多彩。【賞...

【占い師の資格とは】占い師とは、将来に不安や迷いを感じている人、悩んでいる人などに「好転」のアドバイスをする仕事である。一口に占いといっても、易学、タロットカード、手相、姓名判断、人相判断、四柱推命、東洋占術、西洋占術、風水などいろいろ種類があり、独自の奇抜な占い法で話題を集めている人もいる。【占い師の資格を取得する過程】・占い師の下に弟子入りする方法もあるが、学校(スクール)の占い師養成講座で学...

【毛筆書写検定の資格とは】・毛筆書写検定は文部科学省認定の資格試験です。主婦や学生に人気のある毛筆書写検定で、1級から毛筆書写検定4級に分かれており、毛筆書写検定1級は高度なスキルを証明し、毛筆書写検定2級は専門的スキルを証明、毛筆書写検定3級は一般的なスキルに達していることを認め、4級は基本的なことをマスターしていることを認めるものであります。・毛筆書写検定1級の資格取得すれば、書道家として活躍...

【森林インストラクターの資格とは】・森林インストラクターは、自然に対する深い知識を持ち、森に遊びにくる人と大自然との橋渡し役を担う仕事をします。・有資格者の大半が、ボランティアで活動しています。全国森林インストラクター会に所属し、キャンプやイベントなどで野外活動を手伝いますが、この謝礼では、生計を立てていくことは難しいのが現状です。しかし、環境に対する関心が深まりつつあり、森林インストラクターへの...

【旅行地理検定試験の資格とは】・いろんな知識を蓄えることによって、より楽しく旅を充実したものにすることを目的に設定された旅行地理検定試験です。・旅行愛好家から旅行業を目指す人まで、受験者数は延べ15万人に達します。・旅行・運輸・観光業界に従事する人の腕試しに最適な旅行地理検定試験1級から高校生・専門学校生などを対象にした旅行地理検定試験4級まで設定されており、国内旅行地理検定試験・海外旅行地理検定...