不動産の資格 一覧

不動産の資格おすすめ一覧

不動産関係の資格おすすめ一覧です。
宅地建物取引士、不動産鑑定士、土地家屋調査士などの国家資格、各資格の内容は、「資格とは・資格を取得する過程・試験日程・合格率難易度・年収・資格に向いているタイプ」を説明しています。

注目の特集!

 

不動産の資格一覧記事一覧

【不動産鑑定士の資格とは】(国家試験)・不動産鑑定士の仕事は、土地や建物の適正価格を判定し、円滑な不動産の取引・交渉を実現することである。・売買・交換や賃貸、証券化など不動産に対するニーズが多様化を見せる中、それらの取引・交渉の根幹となる鑑定評価を決定するのが不動産鑑定士です。・このように大きな責任を担うがゆえの、社会的ステータスの高い専門職となるのが不動産鑑定士の資格なのです。・国土交通省等とい...

【不動産コンサルティング技能試験の資格とは】(登録制度)不動産コンサルティングとは、不動産に関する専門的な知識・技能を活用し、公正かつ客観的な立場で、不動産の利用や取得、処分等について依頼者が最善の選択をできるように企画・調整し、提案する仕事である。資格を取得できるのは、宅地建物取引主任者と不動産鑑定士の有資格者のみで、幅広い関連分野の知識が求められる。技能試験問題は、事業・経済・金融・税制・建築...

【土地家屋調査士の資格とは】(国家試験)土地家屋調査士は、不動産がどこにあり、どのような形状なのか、またどのように使用されているかなどを、顧客からの依頼を受けて調査、測量し、申請手続きや図面作成を行なう仕事で専門家に与えられる資格である。多くの受験者が集まる難関資格としても知られている。不動産登記の実務知識のほか、測量に関する知識も必要となるなど、集中的な学習が求められる。【土地家屋調査士の資格を...

【はい作業主任者の資格とは】(国家試験)「はい」とは、倉庫内の荷物の一塊のことを指すもの。はい作業主任者は、物流で倉庫内の荷物の上げ下ろしや、荷物運びを行なう人が必ず取得しなければならない資格である。はい作業主任者の技能講習の開催日は年1回実施され、講習の最終日に筆記試験問題を受験する必要がある。【はい作業主任者の資格を取得する過程】・受講資格は、満18歳以上で、実務経験3年以上の者。【はい作業主...

【建築設備診断技術者の資格とは】物理的な劣化診断や機能診断、省エネルギー診断、安全・耐震診断等、多方面から建築設備の診断を行い、維持保全に適切な提言が出来る知識・能力を認定する資格が建築設備診断技術者である。リフォームを必要とする建築物が増加の一途をたどるなか、その計画や施工方法に頭を悩ませるオーナーを手助けする技術者として、今後さらに活躍の場が広がると予想される注目の資格である。【建築設備診断技...

【宅地建物取引主任者の資格とは】(国家試験)不動産の取引を行なう際、契約書を作成し、また売買・賃貸物件に関する重要事項の説明を行なうのが宅地建物取引主任者である。不動産産業の事業所には、5人に1人の割合で有資格者を置くことが義務付けられており、また重要事項の説明、契約者への記名・押印は宅地建物取引主任者にしか許可されていない独占業務という仕事である。【宅地建物取引主任者の資格を取得する過程】・受験...

【土地区画整理士の資格とは】(国家試験)公園や住宅とオフィスビル、商業施設等の調和を図り、より機能的で暮らしやすい街づくりを目指して行なわれる再開発事業に欠かせないのが、土地区画整理事業。土地区画整理士は、住民や行政、デベロッパー等の事業者、そして工事施工者の間に立って、その利害関係を公正な立場から調整し、よりスムーズで適切な土地区画整理事業の実現に貢献する資格である。【土地区画整理士の資格を取得...

【ビル経営管理士の資格とは】ビル経営管理士とは、階数が5階以上で、述べ面積が1000平方メートルを超える賃貸ビルを経営・管理するのに必要な技能と知識を認定する資格である。不動産特定共同事業を行なう際には、事務所ごとにビル経営管理士を置かなければならないと、国土交通省からの告示で定められている。資格試験問題は、学科試験問題で、企画立案に関する知識・賃貸営業に関する知識・管理・運営に関する知識が試験問...

【造園施工管理技士の資格とは】(国家試験)公園や緑地等の公共施設や、ビルとビルの間のレストスペースを作り出す造園工事の責任者として、施工計画の作成や現場の工程管理、資材や工事物の品質管理、作業の安全管理などを行なうのが造園施工管理技士である。資格レベルは1級造園施工管理技士と2級造園施工管理技士がある。試験問題は、学科試験問題(土木工学等・施工管理法・法規)と実地試験問題(施工管理法)で、試験対策...