建築設備診断技術者 資格取得

建築設備診断技術者の資格取得

【建築設備診断技術者の資格とは】
物理的な劣化診断や機能診断、省エネルギー診断、安全・耐震診断等、多方面から建築設備の診断を行い、維持保全に適切な提言が出来る知識・能力を認定する資格が建築設備診断技術者である。リフォームを必要とする建築物が増加の一途をたどるなか、その計画や施工方法に頭を悩ませるオーナーを手助けする技術者として、今後さらに活躍の場が広がると予想される注目の資格である。

 

【建築設備診断技術者の資格を取得する過程】
・受験資格は、@技術士、1級施工管理技士、1級建築士、電気主任技術者等の有資格者。 A大学等の指定学科を卒業し、7年以上の実務経験を有する者等。

 

【建築設備診断技術者の試験日程】
・毎年7月頃。

 

【建築設備診断技術者の合格率・難易度】
・−−

 

【建築設備診断技術者の収入・年収】
・業務範囲の拡大も。

 

【建築設備診断技術者の資格に向いているタイプ】
・建設・不動産業界で働く人。業務を広げたい人。

関連ページ

不動産鑑定士
不動産の資格:【不動産鑑定士の資格とは】(国家試験)不動産鑑定士の仕事は、土地や建物の適正価格を判定し、円滑な不動産の取引・交渉を実現することである...
不動産コンサルティング技能試験
不動産の資格取得情報です!【不動産コンサルティング技能試験の資格とは】(登録制度) 不動産コンサルティングとは、不動産に関する専門的な知識・技能を活用し、公正かつ客観的な立場で、不動産の利用や取得、処分等について依頼者が...
土地家屋調査士
不動産の資格:【土地家屋調査士の資格とは】(国家試験)土地家屋調査士は、不動産がどこにあり、どのような形状なのか、またどのように使用されているかなどを、顧客からの依頼を受けて調査、測量し、申請手続きや図面作成を行なう仕事で専門家に与えられる資格...
はい作業主任者
技術の資格:【はい作業主任者の資格とは】(国家試験)「はい」とは、倉庫内の荷物の一塊のことを指すもの。はい作業主任者は、物流で倉庫内の荷物の上げ下ろしや、荷物運びを行なう人が必ず取得...
宅地建物取引主任者
不動産の資格取得情報です!【宅地建物取引士の資格とは】(国家試験) 不動産の取引を行なう際、契約書を作成し、また売買・賃貸物件に関する重要事項の説明を行なうのが宅地建物取引主任者である。不動産産業の事業所には、5人に1人の
土地区画整理士
ビル経営管理士
造園施工管理技士