食品 生活役立つ資格

食品・実生活に役立つ資格一覧

食品衛生責任者資格・食品衛生管理者資格・食品衛生監視員資格・食品衛生管理士資格、生活相談員資格・消費生活アドバイザー資格・介護生活相談員資格などの食品関係と生活関係の役立つ資格一覧です。

注目の特集!

 

食品・生活の資格記事一覧

【ピローフィッターの資格とは】毎日の睡眠に最適の枕選定をアシストするなど、枕全般に関わるアドバイザーをする仕事である。【ピローフィッターの資格を取得する過程】・東京と大阪で行なわれる初級・上級の2つのコースがある認定試験を受験。活躍の場は、ピローフィッター店、全国のホテルや百貨店など。【ピローフィッターの試験日程】・要問い合わせ。【ピローフィッターの合格率・難易度】・上級: 20%〜30%。 初級...

【パン職人の資格とは】パン作りの専門家。おいしいパンに仕上げるには、一つの工程でも手は抜けない仕事である。過当競争時代ではあるが、腕次第で店の成功が決まる。【パン職人の資格を取得する過程】・製菓学校で製パンの専門学校やスクールで取得。学校(スクール)在学中からパン屋さんでアルバイト修業する努力を。技術に自信がつき、自分の店を開業する道もある。【パン職人の合格率・難易度】・−−【パン職人の収入(給料...

【調理師の資格とは】(国家試験)調理のプロ。調理に関する技術はもちろん、食品の栄養、衛生、食中毒、適切な調理法など関連分野についても幅広い知識を持っていることを証明する国家資格である。和洋中様々なジャンルがあり、調理の見た目のよさを追求しなければいけないケースもあるし、仕事をする店の規模によっては大量に作るノウハウも必要になってくる。資格試験問題は、学科試験問題で衛生法規・公衆衛生学・栄養学・食品...

【パティシェの資格とは】・ケーキ店や和菓子店に並ぶ数々のお菓子類。なかにはアートともいえるほど、美しく楽しいデザインのものもある。こうしたお菓子の素材選びからデコレーションまで、全工程を手がけるのがパティシェの仕事である。【パティシェの資格を取得する過程】・製菓専門学校で基礎から取得。資格は必須ではないが、国家資格の製菓衛生士を取得しておくとベター。受験資格は、厚生労働大臣指定の養成施設で1年以上...

【きのこアドバイザーの資格とは】きのこの生理・生態、分類、効能などに関する正しい知識を持ち、利用方法をさまざまに提示するなど、食用栽培きのこの需要拡大を図るのが、きのこアドバイザーの役割である。主に、各市町村、団体で実施される催しなどにおいて活躍するのである。【きのこアドバイザーの資格を取得する過程】・受験資格は、きのこについての一定の知識があると認められる者。応募に当たって、推薦状や所感文等を提...

【フードコーディネーターの資格とは】新メニューの企画や食品メーカーの新商品の開発、または料理番組や雑誌の料理ページなどの制作時に、メニュー企画からテーブルセッティングまでトータル的にコーディネートの仕事を行なう専門家がフードコーディネーターである。フードコーディネーターの資格試験は、2つのレベルに分けられ、フードコーディネーター2級、フードコーディネーター3級の試験が行なわれている。【フードコーデ...

【テーブルコーディネータの資格とは】テーブルコーディネータは、レストランやホテルなどで使用する食器・ナイフ・フォーク類、クロス類などのスタイリングやデザインを手がけるのが仕事である。雑誌の料理ページなどでのスタイリングを担当するケースもある。【テーブルコーディネータの資格を取得する過程】・学校(スクール)、養成講座のフードビジネス関連のコースで資格試験で取得。就職先は食器メーカー、インテリア会社等...

【ソムリエの資格とは】ソムリエは、レストランで客の要望に応えてワインを選ぶ手助けをする、ワイン専門の給仕人、すなわちコーディネートするのがソムリエの仕事である。(社)日本ソムリエ協会が実施するソムリエ呼称資格認定試験は、飲食業界から認知度が高く、信頼も厚い。【ソムリエの資格を取得する過程】受験資格は、ワインおよびアルコール飲料を含む飲食サービス業経験が通算5年以上、(または実務経験が3年以上で、協...

【バーテンダーの資格とは】バーやパブ等のカウンター席が設置された酒場で、カクテル・ビール・ワインなどのアルコール飲料を提供し、飲酒する客をもてなす仕事である。特にシェイカー等でカクテルの調合をする。【バーテンダーの資格を取得する過程】・専門学校(スクール)等の料飲関係のコースで取得し、ホテルやバー等に就職する。求人情報誌、サイト等での募集情報をチェックする。バーテンダーとしてキャリアアップするには...

【カフェオーナーの資格とは】厳選したコーヒーや手作りケーキを売り物にしたり、軽食を提供するなどスタイルは様々。マーケティングのよるプロモーションをもとに、商品の販売を促進するコミュニケーションのことで、フードビジネスにおける販売促進の基本的な目的は、知名度の向上やイメージアップにより、新規顧客の開拓、来客数のアップ、客単価の向上、パーティ利用促進など何らかの方法や手段により、売り上げ増を図ることが...

【シューフィッターの資格とは】足に関する基礎知識と、靴合せの技能を習得し、足の疾病予防の観点から、正しく合った靴を販売するスペシャリストに与えられる資格である。外反母趾や靴ずれなどトラブルを防ぐために、履き心地のいい靴を提案する。シューフィッターには、プライマリーシューフィッター、バチェラーシューフィッター、マスターシューフィッターの3つのグレードがあり、足と靴と健康協議会が認定している。【シュー...

【消費生活アドバイザーの資格とは】消費者と企業のパイプ役として、消費者の苦情相談に応じたり、ニーズを企業や行政に伝えていくのが、消費生活アドバイザーの仕事である。試験は1次試験が択一式問題で、経済・消費者問題・法律など広範囲に及ぶ知識が求められる。2次試験は小論文と面接問題で、面接問題では消費者との対話能力なども試される。【消費生活アドバイザーの資格を取得する過程】・受験資格は、特になし。(財)日...

【ナニーの資格とは】ナニーとは、幼児保育の欧米におけるスペシャリストのことである。子どもの世話は勿論のこと、しつけや情操教育まで幅広い知識を身に付けた専門家として、信頼されているのだ。日本では、ナニー育成に(株)ポピンズコーポレーションが取り組んでいる。英国ノーランドカレッジへ1年間留学する、ノーランド・インターナショナル・ディプロマコースを実施。幼児教育のノウハウをしっかりと習得できる。【ナニー...

【チャイルドマインダーの資格とは】イギリスで生まれた少人数保育のスペシャリストが、チャイルドマインダーである。自宅を保育場所として有資格者は提供する在宅保育で開業する人が多いのである。自身の育児経験を活かして、一生続けられる仕事として、女性から特に人気が高まっている。現在、NPO法人日本チャイルドマインダー協会(NCMA)などが行なっており、修了後の検定に合格するとライセンスが取得できるのである。...

【消費生活コンサルタントの資格とは】この資格は、複雑・多様化する消費者問題について、消費者の立場から関わっていくためのものである。養成講座は、日本消費生活アドバイザーコンサルタント協会が主催し、受講することで取得できる。ほとんどの受講者が主婦で、資格取得後は、国や地方公共団体の各種委員会・審議会の消費者代表を務めたり、商品の企画、取扱説明書などのチェック、テスター、モニターなど、消費者代表として活...

【消費生活専門相談員の資格とは】消費生活専門相談員は、国・地方公共団体などが行なう消費生活相談業務に携る相談員を養成するために、1991年度から資格制度として実施されている。内閣総理大臣の認可事業と現在はなっているのである。資格試験対策として、筆記試験問題・論文・面接試験の試験問題集も準備されており合格を勝ち取ろう。資格の性質上、有資格者には主婦が多い。また資格の有効期間は5年間となっているが、所...

【製菓衛生師の資格とは】製菓衛生師法に基づいて各都道府県が資格試験を行ない、安全でおいしいお菓子を作る知識と技術を備えていると認められた者に与える資格である。菓子製造はこの資格を持っていなくてもできるが、信頼度は免許取得によって高くなる。試験問題では、技術的なことより、製菓材料における添加物のチェックや製品の安全性、貯蔵など衛生面の管理・監督など、知識面が重視される問題が出題されている。通信教育に...

【食品衛生責任者の資格とは】食品の製造・加工・調理・販売事業を行なう人や企業の取得が義務付けられている資格である。衛生管理を業務において自主的に行ない、安全な食を提供するための知識を身に付けるための講習会における講習を修了すると取得できるのである。調理師・栄養士・製菓衛生師・食鳥処理衛生管理者などの資格を持っている人は講習の受講は必要ない。【食品衛生責任者の資格を取得する過程】・受験資格は、調理師...

【調理技術審査・調理技能検定の資格とは】(国家試験)経験を積んだ調理師について、レベルの高い国が認める資格である。調理技術審査・調理技能検定は同一の試験だが2種類の試験名称があるのだ。調理技能検定に合格すると調理技能士の称号が与えられ、技能検定に合格すると専門調理師の称号が与えれれる。試験には学科試験と実技試験があり、実技試験は寿司料理・中国料理・日本料理・西洋料理・麺料理・給食用特殊料理から1つ...

【ふぐ調理師の資格とは】内臓その他に猛毒を持つふぐの調理を行なうためには、ふぐ調理師の免許が必要である。ふぐ調理師の資格基準は各自治体によって異なり、免許は試験合格者に与えるところと、講習会の受講のみで取得できるところがある。ふぐを取扱うには、営業を行なう自治体のふぐ調理師資格を有する調理者を置かなければならないという決まりがあるので、詳細は各自治体に問い合わせること。【ふぐ調理師の資格を取得する...

【きき酒師の資格とは】日本酒の味や香りを説明したり、料理にマッチしたお酒のセレクトについてアドバイスを行うプロフェッショナルである。酒造メーカーや酒販店、飲食店などで働く人が、受験者には多い。SSI(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会)主催の認定講習会を修了すれば、受験資格が得られ、筆記試験のほか、テイスティングなどの試験もある。【きき酒師の資格を取得する過程】・受験資格は、20歳以上で、協会...

【ベジタブル&フルーツマイスターの資格とは】種類、保存方法、旬、食べ方、栄養価のバリエーションなど、果物と野菜の魅力をわかりやすく伝えるのが、ベジタブル&フルーツマイスターの役割である。日本ベジタブルフルーツマイスター協会により随時開催されている講座を受講し、修了検定試験に合格すれば資格を取得できるものである。資格はジュニアマイスター・マイスター、シニアベジタブル&フルーツマイスターの3段階に区分...

【家庭料理技能検定の資格とは】食生活に関する正しい知識の普及と、料理技術の向上を目的とした、文部科学省認定の技能審査制度である。家庭料理技能検定のレベルは家庭料理技能検定1級〜家庭料理技能検定4級まで4段階の資格試験があり、どの級から受験してもよい。資格試験問題は、料理の腕前を試す実技試験問題と、調理理論と食事計画などの知識を試す筆記試験問題がある。知識を学ぶための養成講座や通信講座も開設され、ま...

【ビアテイスターの資格とは】ビールを選ぶポイントや、美味しい飲み方についてアドバイスを行うエキスパートである。日本地ビール協会が主催する講座を受講し、試験に合格すれば資格が取得できる。試験では、筆記試験だけでなく官能評価(テイスティング)も行なわれるので、ビールの知識のみならず、品質・味を評価することができる感性も重視される。上位資格に、ビアコンペテイションで審査を行なうビアジャッジがある。【ビア...

【ワインアドバイザー/ワインエキスパートの資格とは】ワインアドバイザーは、専門学校講師または酒類業界などワイン関連の仕事に従事しているプロを対象とした資格である。酒販売店などで、的確にワイン選びを顧客にアドバイスができる専門的知識を証明するものである。ワインエキスパートとは、一般のワイン愛好家向けなどのアマチュアを対象としている。【ワインアドバイザー/ワインエキスパートの資格を取得する過程】・受験...

【コンセイエの資格とは】コンセイエは、フランス語で助言をする人の意味で、フランスワインを買い求める客のニーズに応じて的確にアドバイスをしながら販売する人のことです。1996年日本でコンセイエ認定活動が発足したのである。参加者のプロモーションをプロ、ジャーナリスト、消費者など8名の審査員が審査し、毎年名誉あるコンセイエが選出されるのだ。【コンセイエの資格を取得する過程】・受験資格は、小売店でのワイン...

【ティーインストラクターの資格とは】正しい紅茶の入れ方について、講師として指導する知識を持ったティーインストラクター、ハーブティーインストラクター養成の為に、日本紅茶協会が設けている憧れのティーインストラクター資格認定制度である。資格にはジュニアティーインストラクター、ジュニア取得後5年以上の実務経験者を対象にしたシニアティーインストラクター、15年以上の実務経験者を対象にしたマスターティーインス...

【カフェプランナー認定試験の資格とは】おいしいコーヒーの入れ方から、経営まで系統化された知識を持ち、ビジネスとしてカフェをプロデュースすることができる人材の養成を目的に設置された資格である。試験問題は筆記試験問題以外に、審査員立会いによる実技試験問題を実施しているのが特徴である。カフェ経営者だけでなく、一般の食ビジネスの分野からも注目が集まる資格でもある。資格レベルは、1級カフェプランナーから4級...

【チーズマスターの資格とは】チーズのプロを目指す人のための資格である。基礎となるチーズ・エントランスコースを受講して、ステップアップ資格であるチーズ・アドバイザーを取得して初めて、このチーズ・マスター講座の受講が可能となるのである。講座では、チーズに関する周辺知識や、チーズについて世界各地のものを詳しく学ぶほか、山梨県小淵沢のチーズ研究所においてのチーズの取扱や、チーズ製造実習など、実技も重視され...

【管理栄養士の資格とは】(国家試験)栄養士からステップアップした資格が、管理栄養士である。栄養学や健康管理に関した高度な知識を持ち、栄養士に対する指導業務のほか、病院や市町村保健センターでの栄養指導、保険所等での健康増進事業の企画、大規模な給食施設の管理業務の仕事を行なうことができる専門家である。【管理栄養士の資格を取得する過程】・受験資格は、@厚生労働省指定の修業年限が2年である栄養士養成施設、...

【クリーニング師の資格とは】(国家試験)クリーニング師業法に基づいて、厚生労働省が認可する国家資格である。クリーニング業においては、1人以上事業所ごとにクリーニング師を置くことが法律で義務付けたれている。試験問題は、クリーニングについての基礎知識を問う学科試験問題とワイシャツのアイロン仕上げなどの実技試験問題がある。【クリーニング師の資格を取得する過程】・受験資格は、中学校卒業者。国民学校高等科の...

【警備員検定の資格とは】警備業界では圧倒的に信頼性の高い国家資格である。交通誘導警備、常駐警備、貴重品運搬警備、核燃料物質等運搬警備の4つの分野に分かれている。資格試験レベルは、警備員検定1級と警備員検定2級がある。資格取得後は、警備に関する知識と実務スキルを身に付けた人材として、職場でも優遇される。【警備員検定の資格を取得する過程】・受験資格は、[2級]警備員新任教育 30時間 を受講した者。[...

【栄養士の資格とは】(国家試験)栄養士は、栄養学に基づいて栄養管理や栄養相談を行なうほか、より健やかな生活を送ることができるよう、管理、助言を行なう専門職である。具体的には、学校や病院の給食センター、企業の社員食堂等で献立や栄養指導を行なう仕事である。【栄養士の資格取得する過程】・栄養士の受験資格は、厚生労働大臣指定の栄養士養成施設(4年制大学、3年制生短期大学、2年制短期大学、各種学校や専門学校...