経営・経理・ビジネスの資格おすすめ一覧

経営・経理・ビジネス関係の資格おすすめ一覧です。
中小企業診断士、簿記検定、ビジネス能力検定資格など、就職や携わる業務に有利な資格があります。 各資格の内容は、「資格とは・資格を取得する過程・試験日 程・合格率難易度・収入・資格に向いているタイプ」を説明し ています。

注目の特集!

 

経営・経理・ビジネスの資格一覧記事一覧

【労務管理士の資格とは】労務管理士は、日本人材育成協会が開催する講座の修了によって得られる資格である。労務管理士の仕事は、職場における従業員の雇用管理の問題、労働契約、就業規則、採用から退職に至るまでの過程における人事問題など、現実に職場で発生しやすい問題に対処するものである。【労務管理士の資格を取得する過程】・20歳以上の者。【労務管理士の試験日程】・要問合せ。【労務管理士の合格率・難易度】・8...

【生産管理士の資格とは】日本経営管理協会による講座を終了後、試験に合格することで得られる資格。生産管理士の仕事は、工場管理者に必要な生産管理や生産組織の基本、工場の損益体質、在庫の回転状況、予算の達成度など、工場全体の評価と問題解決に向かって推進するものである。【生産管理士の資格を取得する過程】・特になし。【生産管理士の試験日程】・随時。【生産管理士の合格率・難易度】・約 95%。【生産管理士の収...

【生産能率士の資格とは】生産能率士の仕事は、現状の生産業務の問題点を改善し、効率化や生産確信を実現するのが目的である。その改善に向かい生産能率士の資格があり、(株)日本能率協会の主催する通信教育を受講し、修了する必要がある。【生産能率士の資格を取得する過程】・〔4級〕入社3年までの生産ライン従事者。〔3級〕小集団活動などのグループリーダー層など。【生産能率士の試験日程】・講座終了後。【生産能率士の...

【財務管理士の資格とは】日本経営管理協会が開催する財務に関する講座の修了後、試験を経て得られる資格である。財務管理士の仕事は、新しい会計基準を体系的に修得し、企業の最終目的である利潤確保をサポートするものである。キャッシュフロー会計や連結重視の決算など、ビジネスの現場に登場している新しい会社制度に基づく財務の知識を習得。企業からの高い評価にもつながる。【財務管理士の資格を取得する過程】・特になし。...

【国際貿易ビジネス検定の資格とは】国際貿易ビジネス検定は、ビジネスのグローバル化に対応すべく、NPO生涯学習国際貿易ビジネス検定委員会が、貿易ビジネスの能力を客観的に評価するものである。国際貿易ビジネスの仕事では、国際貿易に関する専門的な手続き、法律知識、貿易相手国との取り決め(商習慣)、書類作成、貿易英語といった、実践的な貿易知識や技術でもって業務遂行するものである。【国際貿易ビジネス検定の資格...

【簿記実務検定の資格とは】(財)全国商業高等学校協会が主催する簿記検定である。簿記の仕事は企業の経営管理に貢献できるという証明であり、また就職の際、経理事務関係に有利になるのはもちろん、他の職業でも簿記の知識は一目置かれる。【簿記実務検定の資格を取得する過程】・特になし。【簿記実務検定の試験日程】・1月、6月。【簿記実務検定の合格率・難易度】・約 53%。【簿記実務検定の収入・年収】・手当・収入ア...

【パーソネルアナリストの資格とは】パーソネルアナリストの仕事は、パーソネルアナリスト資格をもとに、組織・人事を客観的に評価・分析したり、組織の最適化を図ったりするものである。FFS理論を応用した組織風土の分析や、チーム分析から最適編成のノウハウを身に付けるための講座の修了者に付与される資格である。【パーソネルアナリストの資格を取得する過程】・3級:組織経営実務者や人事・経営企画等の従事者、または同...

【販売管理士の資格とは】日本経営管理協会による講座修了者に付与される資格で、販売管理士の仕事は、主に行動力を重視する営業体制を維持管理したいと考える営業マネージャーに向いている。さらに組織的なコンサルティング・セールスの実現を目指すものである。【販売管理士の資格を取得する過程】・特になし。【販売管理士の試験日程】・随時。【販売管理士の合格率・難易度】・95%。【販売管理士の収入・年収】・手当・収入...

【物流技術管理士の資格とは】物流技術管理士は、(社)日本ロジスティクシステム協会が主催する講座を修了し、所定の試験に合格したものに与えられる資格である。物流技術管理士の仕事としては、物流の管理者に必要な知識と実践力をもって、すなわち物流のプロとして業務遂行するものである。【物流技術管理士の資格を取得する過程】・企業の物流実務経験2年以上の者、または物流技術管理士補の有資格者。【物流技術管理士の試験...

【キャリア・コンサルタントの資格とは】個人の職業選択やキャリア形成、求人と求職の効果的なマッチングについて、専門的見地からアドバイスを行う専門家の仕事がキャリア・コンサルタントである。社)日本産業カウンセラー協会が主催する試験は、キャリア・コンサルティングの実施プロセスにおいて必要なスキルを重点にしており、厚生労働省が提示する能力要件を満たしたものとして信頼性が高い。 【キャリア・コンサルタントの...

【アクチュアリーの資格とは】保険、年金、金融など「数理業務」の専門化がアクチュアリーである。統計資料をもとに、死亡率・危険率・保険料などを算出するのが主な仕事である。試験問題は、基礎科目問題となる第1次試験を5科目、専門科目問題となる第2次試験2科目計7科目に合格する必要があり、最低でも2年を必要とする。【アクチュアリーの資格を取得する過程】・受験資格は、大学卒業後、日本アクチュアリー会がそれと同...

【証券外務員の資格とは】証券外務員の仕事が可能になるのは、証券会社などで証券業務を行う時、法的に絶対に必要な証券外務員資格を持ち、その氏名などを金融庁に登録することが義務付けされており、登録されてはじめて証券外務員として活動できる。【証券外務員の資格を取得する過程】・〔2種〕 特になし。 〔1種〕 証券会社の役職員。【証券外務員の試験日程】・原則として毎営業日実施。【証券外務員の合格率・難易度】・...

【マンション管理士の資格とは】(国家試験)・大きな話題となった偽装マンション問題ですが、今やマンションは400万戸を超え、さらに20万個/年のペースで新たに建設されているといわれ、今後も耐震構造のみならずマンション住民にとってはいろんな問題が発生すると予想されます。問題となったのは、新築マンションの耐震構造や手抜き工事ですが、マンションは住居であると同時に、住民にとって大切な資産でもあります。その...

【I E士の資格とは】生産部門の生産性向上を図る専門エンジニアを認定する資格で、IE士は管理職向けの資格である。IE士の仕事は、会社の全機能や製品の特性を考慮した上で最適な生産システムの革新・再設計をするものである。一方IE士(補)は、IE経営システムの基礎的な分析手法を用いて、生産現場や工場の設計・改善ができる能力が問われる、専門スタッフ向けの資格といえるだろう。【I E士の資格を取得する過程】...

【税理士の資格とは】(国家試験)税理士は、税務上のルールを理解し、依頼者に対して税務情報を正確に伝達するとともに、税務についてわかりやすく指導を行うことを趣旨とした国家資格である。従来のような、税に関する書類作成業務のみにとどまらず、税に関する知識を活かしたコンサルティングの仕事を実施する税理士が増えている。【税理士の資格を取得する過程】受験資格は、@大学または短大で、法律学または経済学に関する科...

【公認会計士(CPA)の資格とは】(国家試験)会計に関する調査や助言などの会計業務、経営戦略の立案などの経営コンサルティング業務などを行なうのが公認会計士の主な仕事である。独占業務としては、財務諸表(決算書)の適正性について、独立した第三者の立場から監査し、意見を表明する会計監査業務があり、有資格者へのニーズは高い。【公認会計士(CPA)の資格を取得する過程】公認会計士の国家資格が必須。受験資格は...

【中小企業診断士の資格とは】(国家試験)中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行なう専門家である。中小企業支援法によって、その業務を「経営の診断および経営に関する助言」と定められている。コンサルティング業務は中小企業診断士の独占業務というわけではないが、その業務を行なえる能力と知識があることを認める唯一の国家資格として、信頼性が高い仕事である。【中小企業診断士の資格を取得...

【ファイナンシャルプランナーの資格】個人のライフプランを財政的な面から総合的にアドバイスし、プランを立て実行を手助けする、家計に関するアドバイザーとしての役割が、ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事である。日本ファイナンシャルプランナーズ協会の認定資格には、AFPと上位資格のCFPの2種類がある。【ファイナンシャルプランナーの資格を取得する過程】・受験資格は、[AFP協会認定の認定研修を終了し...

【簿記検定の資格とは】簿記の仕事は、規模の大小や業種・業態を問わず、企業が日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにするものである。日本商工会議所の簿記検定は多くの企業が社員に対して簿記検定の資格取得を奨励しているほか、大学や短大の推薦入試、単位認定の基準に採用されている。なお、「日商簿記」検定は1級、2級、3級、4級まである。【簿記検定の資格を取得する過程】・特になし。【...

これからのグローバルビジネスに必要なスキルを習得公認不正検査士(CFE)は、企業・組織内の不正撲滅への取り組みにおいてリーダーシップを発揮する存在です。米国では、FBI、国防総省、政府会計検査院などから人材評価基準として正式に認定されており、主要各国で重要な資格として認定され、今や世界で2万 3000人以上が活躍しています。公認不正検査士(CFE)資格は、企業・組織の内部統制担当者や、公認会計士、...

【CIA(公認内部監査人)の資格とは】企業の内部監査人の能力の証明と向上を目的とした唯一の、国際的な認定資格である。CIA(公認内部監査人)の仕事は、日本国内でも、企業を取り巻く経営環境の激変に伴い、内部監査の重要性が認識されるようになり、内部監査人の充実が求められており、重要なものである。【CIA(公認内部監査人)の資格を取得する過程】・内部監査・監査役監査・公認会計士監査、財務・法務のいずれか...

【税務会計能力検定の資格とは】文部科学省の後援で、(社)全国経理教育協会が実施する検定試験である。試験は、所得税法、法人税法、消費税法という3つの部門に分かれており、それぞれ1級〜4級がある。税務会計能力検定は、仕事のスキルアップに役立ちます。【税務会計能力検定の資格を取得する過程】受験資格は制限なし。受験者層の中心は、税務に関する知識を就職に活かしたいと考える大学生や高校生など。社会人も合格する...

【中小企業組合士の資格とは】中小企業者の事業活動をサポートする中小企業組合士は、中小企業組合の仕事に従事する役職員の資質向上を図るため、設置された資格。組合役員として、職務の遂行に必要な知識が審査される仕事です。【中小企業組合士の資格を取得する過程】・中小企業組合の業務に従事している者、あるいは将来従事しようとするものであれば誰でも受験出来る。【中小企業組合士の試験日程】・12月の第1日曜日。【中...

【経営アカデミーマスターの資格とは】(財)社会経済生産性本部が主催するビジネススクールの修了者に与えられる称号が、経営アカデミーマスターの仕事だ。キャリアアップに役立つ。【経営アカデミーマスターの資格を取得する過程】・実務経験4年以上。入学に際しても試験なし。称号取得条件は、経営アカデミーが主催する各コースに参加していること。【経営アカデミーマスターの試験日程】・特になし。【経営アカデミーマスター...

【企業人事調査士の資格とは】企業人事調査士は、調査・探偵業務の専門家で、女性の受験者も少なくない仕事。企業人事調査士の仕事の主なものは、調査・探偵業務の代行などで、人事調査、情報、経営、警備に関する情報提供からマネジメントサービス、調査報告書の作成や情報提供、企業調査・分析・経営戦略など、案件によってさまざま。【企業人事調査士の資格を取得する過程】・通信講座を終了した者。【企業人事調査士の試験日程...

【経理診断士の資格とは】経理診断士の仕事は、企業経営・経理のコンサルタントとして、企業経営について診断・助言・指導・相談などを行うほか、帳簿の計画立案・記帳の代理・指道なども行う専門家の仕事。有資格者は、公認会計士や税理士など、会計及び税務系の国家資格者の補助業務が行う事が出来る程度の能力があると認められる。【経理診断士の資格を取得する過程】・会計・経理・商学・経営・税理・計算実務などの関連学部、...

【経営管理士の資格とは】経営管理士の仕事は、マネジメントに必要な財務の知識とセンスを身に付け、マネージャーとしての的確な判断と意思決定を下すことである。その為には客観的に掘り下げた分析検討や議論を行える能力を養成し、経営管理士になる為の通信教育を行っている。【経営管理士の資格を取得する過程】・受験資格は、大学卒業程度の者、企業・団体などの経営者・管理者・専門職として相当の経験を有する者など(ただし...

【経営士の資格とは】(社)日本経営士会の正会員のことで、必要な高度の専門知識、経営支援の技法ならびに適性が判定される。経営士の仕事は、経営に関する高度な専門知識及び過去の実体験を活かした先見性や創造性をもとに、独立した専門職としての経営コンサルタント及び企業の経営をするものである。【経営士の資格を取得する過程】・大学卒業程度以上の学識と経営管理の実務経験7年以上を有する者。【経営士の試験日程】・筆...

簿記能力検定試験の資格とは】(社)全国経理教育協会が主催する簿記検定。4級から上級までの5段階に分かれている。3級は個人企業の経理担当者の仕事、2級は法人企業の経理担当者の仕事、1級は経理主任、上級は経理責任者の仕事にと必要な技能を検定している。【簿記能力検定試験の資格を取得する過程】・特になし。【簿記能力検定試験の試験日程】・2月、7月、11月。【簿記能力検定試験の合格率・難易度】・上級: 18...

【経営情報システムコンサルタントの資格とは】日本経営振興協会の経営情報システムコンサルタント委員会が認定する資格である。経営管理では最高峰のコンサルタントとしての資格でもある。経営情報システムコンサルタントの仕事は、企業の情報システム全般にわたって総合的に企画・立案・分析を行い、関係者に適切なアドバイス・指導を行うものである。【経営情報システムコンサルタントの資格を取得する過程】・協会指定の教育課...

【経営労務コンサルタントの資格とは】経営労務コンサルタントの仕事は、人事労務に関する改善・指導を行う専門家。社会の資格商法の横行に対して、経済産業省の指導の下、「マネジメント関係資格称号に関する自主規制規約」を制定し、審査を通った資格を登録する「全能連マネジメント関係資格称号自主規制」に参加しているため、資格の信頼性は高い。【経営労務コンサルタントの資格を取得する過程】・〔補〕20歳以上で経営労務...

【ICG経営コンサルタントの資格とは】ICG国際コンサルタントグループが認定する資格。マネジメントサービス業務の充実を図り、国際的経営コンサルタントとして経済社会の発展に寄与させようとするのが、ICG経営コンサルタントの仕事である。グループは、経営コンサルティングを行う税理士や公認会計士などの母体とした全国的な組織。【ICG経営コンサルタントの資格を取得する過程】・入会後満2年を経過していること。...

【銀行業務検定試験の資格とは】銀行業務検定協会が主催する、銀行業務検定試験は、主に銀行・保険・証券など金融機関の行職員を対象に、仕事の遂行に必要な実務知識や技能・応用力についてその習得周到程度を測定することを目的としている。【銀行業務検定試験の資格を取得する過程】・特になし。【銀行業務検定試験の試験日程】・3、6、10月。詳細は問合せ。【銀行業務検定試験の合格率・難易度】・25〜60%。【銀行業務...

【人事法務士の資格とは】日本人材育成協会が認定する人事法務士の仕事は、企業の人事業務をはじめ、法務・労務・福利厚生・人材教育・法律などの専門知識を持ったエキスパートである。人事労務担当者のキャリアアップに最適な資格だ。【人事法務士の資格を取得する過程】・労務管理士資格取得者。一般の場合は、20歳以上で人事・労務に関する実務経験が3年以上の者。【人事法務士の試験日程】・要問合せ。【人事法務士の合格率...

【プリント配線板営業士の資格とは】プリント配線板の営業職務従事者の仕事能力の向上と、社会的・経済的地位の向上を図り、プリント配線板製造業の発展に寄与することを目的として、設置された資格である。この業界で働くプロフェッショナルとして認定されている。【プリント配線板営業士の資格を取得する過程】・〔1級〕プリント配線板営業従事歴5年以上の者、もしくは本審査2級合格後2年以上の実務経験を有する者。・〔2級...

【DCプランナー認定制度の資格とは】DCプランナー合格後、登録認定されたDCプランナーの仕事は、法律的知識のみでなく、投資についての知識や、制度利用者のライフプランについてフォローできる知識を駆使して、制度を運営・管理する実務家として活躍することである。DCプランナー認定制度の試験は、平成24年3月末に廃止される適格年金制度の代わりに採用される確定拠出年金制度などの新しい企業年金制度を活用する際に...

【DC(確定拠出年金)アドバイザーの資格とは】DC(確定拠出年金)アドバイザーの仕事は、金融商品に投資し、その収益によって年金の額が決まる確定拠出年金制度を実施する際に、企業または個人にとって適切なアドバイスを提供することができる専門的な能力を持ったスペシャリスト。確定拠出型年金教育・普及協会が資格の認定を行っている。【DC(確定拠出年金)アドバイザーの資格を取得する過程】・試験当日20歳以上の者...

【貿易実務検定の資格とは】日本貿易実務検定協会が実施している貿易実務検定は、マーケティング、商談、契約、代金決済、信用状、クレーム処理など、貿易実務能力と貿易英語の能力を客観的に判定するための検定試験である。貿易実務検定の仕事は、輸出入に頼らなければ国民生活が成り立たない日本では、今後ますます、体系的な貿易実務の知識を持ったエキスパートととして、求められているものである。【貿易実務検定の資格を取得...

【商業経済検定の資格とは】商業の基礎知識を問う「ビジネス基礎」の合格で3級が取得出来る。また、流通の役割に関する「商品と流通」、顧客が満足する商品を提供するための企業活動に関する「マーケティング」、経済と経営に関する「国際ビジネス」、法律の基礎知識を問う「経済活動と法」の4科目のうち1科目で2級、2科目合格で1級が取得出来る。【商業経済検定の資格を取得する過程】・特になし。【商業経済検定の試験日程...

【特許管理士の資格とは】アイデア発想法からそれを権利化するまでのノウハウが、3ヶ月程度で学習できる合格セミナーとともに学べる資格である。特許出願書類作成法を学べる日本で唯一の資格でもある。特許管理士の仕事は、特許アイデア発想から財産化までのスペシャリストとしての役割で、女性や学生の有資格者も多い。【特許管理士の資格を取得する過程】・特になし。【特許管理士の試験日程】・春季:6月第4日曜日、秋季:1...

【VEスペシャリスト認定試験の資格とは】VEの基礎知識を問うVEリーダーの上位資格に当り、VEの専門家として備えるべき知識や技術、経験を持つ人材であることを、日本VE協会が認定するもの。VEスペシャリストの仕事は、製品やサービスの価値を、ユーザーに対して果たすべき機能のアップと、そのために掛かるコストダウンの関係で把握し、システムレベルで価値上昇を図っていくものである。【VEスペシャリスト認定試験...

【VEリーダー認定試験の資格とは】生産部門のライフマン、グループリーダー、第一線監督者、中堅管理者などが、VE活動のリーダーを務めるために必要な基礎知識を持っている人材であることを日本VE協会が認定するものである。【VEリーダー認定試験の資格を取得する過程】・満20歳以上で、12時間以上のVE研修を受講した者。【VEリーダー認定試験の試験日程】・1月、8月。【VEリーダー認定試験の合格率・難易度】...

【探偵学士の資格とは】探偵業に必要となる基礎知識や実務能力を身に付けることを目的とした資格。探偵学士の資格は、日本探偵協会附設探偵警備士養成所の研究科に入学し、専門科・研究科・開業指導科の卒業試験に合格すると付与される。探偵の仕事で役立つ法律知識・調査技術・専門知識・実地的な技術を習得できる。【探偵学士の資格を取得する過程】・満18歳以上の者。【探偵学士の試験日程】・学期末。【探偵学士の合格率・難...

【探偵調査士・企業経営診断士の資格とは】探偵調査士・企業経営診断士の仕事は、個人的な調査だけではなく、企業の信用調査や経営分析・経営診断も行う。探偵調査士・企業経営診断士の資格は、試験はなく、全国探偵調査士養成所の独自の指導方法で通信講座を行っている。1級取得後に特別研修を受講すると、企業経営診断士の称号が与えられる。【探偵調査士・企業経営診断士の資格を取得する過程】・満18歳以上(学歴不問)。【...

【コンプライアンス・オフィサー認定試験の資格とは】日本コンプライアンス・オフィサー協会主催のコンプライアンス・オフィサー認定試験は、金融機関の行職員に求められる倫理観や社会的常識、特に法令等に関する習得の度合いを測る。コンプライアンス・オフィサー認定試験の2級は初級管理者及び一般行職員向き、1級は銀行等金融機関の上級管理者向きとなっている。またコンプライアンス・オフィサーの仕事は、銀行員や保険外交...

【シニアリスクコンサルタントの資格とは】シニアリスクコンサルタントは、日本リスクコンサルタント協会認定の資格である。シニアリスクコンサルタントの仕事は、リスクマネジメント組織の構築、リスク調査・分析・対策策定、実施などリスクマネジメント事項に関する企業支援、及び必要に応じて各リスクの専門家とパートナーシップを組んでコンサルティングを行うものである。【シニアリスクコンサルタントの資格を取得する過程】...

【パソコン財務会計主任者の資格とは】パソコン財務会計システムに関する知識と実務能力を、(社)日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会に認定された者に付与される資格である。パソコン財務会計主任者の仕事は、パソコン・簿記・税務の三本柱をもとに財務会計ソフトを効率よく業務遂行していくものである。【パソコン財務会計主任者の資格を取得する過程】・〔1級〕2級または平成11年度以前の第2種資格取得者。日本商...

【ファシリティマネージャーの資格とは】ファシリティマネジメントとは、企業や団体などにおける全ての施設や作業環境を、経営的な視点から総合的に企画・管理・活用する、経営管理活動のことである。その専門家として認定されるファシリティマネージャーは、コスト削減にも考慮しながら、快適で機能的な職場を実現するのが仕事である。【ファシリティマネージャーの資格を取得する過程】・特になし。ただし、登録には4年制大学ま...

【ビジネス実務法務検定試験の資格とは】ビジネスにおいて、業務上の問題点などを法的にチェックし、トラブルを解決するスキルを身に付けるために生まれたのが、このビジネス実務法務検定試験である。ビジネスに必要な法律実務知識の習得レベルを評価する試験で、1級、2級、3級の3段階の試験が用意されている。【ビジネス実務法務検定試験の資格を取得する過程】・特になし。ただし、1級は2級合格者のみ。【ビジネス実務法務...

【ビジネス実務マナー技能検定の資格とは】ビジネス社会、仕事で求められる社会性や秩序、ビジネスマナーのための検定である。ビジネスマナーは職種、仕事を問わない「常識」である。【ビジネス実務マナー技能検定の資格を取得する過程】・特になし。【ビジネス実務マナー技能検定の試験日程】・7月、11月。【ビジネス実務マナー技能検定の合格率・難易度】・1級:24.6%。 2級:61.0%。【ビジネス実務マナー技能検...

【ビジネス能力検定の資格とは】ビジネス能力検定(B検)は、現代の職業社会が必要とするビジネス能力をどの程度備えているかを客観的基準で評価する技能審査である。ビジネス能力検定は、1級、2級、3級がある。【ビジネス能力検定の資格を取得する過程】・特になし。【ビジネス能力検定の試験日程】・7月、12月(1級は12月のみ)。【ビジネス能力検定の合格率・難易度】・1級: 12.5%。 2級: 36.9%。【...

【ビジネス・キャリア制度の資格とは】ビジネス・キャリア制度は、「専門・技術職」「事務職」「営業・販売職」などの従事者が、その職務、仕事を遂行する上で必要な専門知識を段階的かつ体系的に習得することを支援するために厚生労働省が創設した制度である。【ビジネス・キャリア制度の資格を取得する過程】・ビジネス・キャリア制度に基づく認定講座の受講修了者。受験希望のユニットが属する部門の業務に関し、一定年数以上(...

【情報管理士の資格とは】システムエンジニアがその知識を活かして、情報システムに関するコンサルティングを行うための知識の修得を証明する資格である。講座の受講後に行われる修了試験によって付与される。情報管理士の仕事は、専門知識と営業力の両立をし、ユーザーが悩んでいる問題の本質を見抜いて解決するという、一歩踏み込んだ情報システムを提案した上で構築し、また、コンサルティングに必要な対人能力にも主眼を置き仕...

【情報システム監査士の資格とは】情報システム監査士は、コンピュータ化社会に対応できる情報処理システムを監査できるだけの知識と経営管理能力を、日本経営振興協会が証明する資格である。昭和60年開始の情報処理系資格の草分けで、情報処理システムのエキスパートとして仕事を遂行するものである。【情報システム監査士の資格を取得する過程】・協会指定の教育課程を修了し、協会の定める能力認定試験及び審査に合格した者。...

【情報システム管理責任者の資格とは】情報システム管理責任者の仕事は、部門のリーダーとして情報システムの効率的な業務改善・運用を行い、ネットワーク化、データベース化をはじめ、グローバルな視点で対応するもので、その情報処理部門のリーダー能力を問う資格である。【情報システム管理責任者の資格を取得する過程】・日本経営振興協会指定の教育課程を修了し、協会の定める能力認定試験及び審査に合格した者。法律に基づく...

【商品先物取引登録外務員の資格とは】商品先物取引登録外務員(登録外務員)の仕事として、商品先物取引の営業活動に必須な資格である。商品先物取引登録外務員(登録外務員)となるには、日本商品先物取引協会が実施する登録外務員講習会を受講しなければならない。【商品先物取引登録外務員の資格を取得する過程】・商品取引員会社の役員、または使用人で、日本商品先物取引協会の実施する講習会修了者。【商品先物取引登録外務...

【知的財産検定の資格とは】知的財産教育協会が実施する知的財産検定は、知的財産の知識の習得や到達レベルの指標となることを目的に制定された。2級は「知的財産に関する課題を発見する力」を、1級は「課題を解決する力」を判定する。知的財産の仕事は、知的財産に関する課題発見力と解決力をもって業務遂行するものである。【知的財産検定の資格を取得する過程】・〔2級〕:なし。〔1級〕:なし(ただし1級の認定には、2級...

【プロフェッショナル・キャリア・カウンセラーの資格とは】個人の能力・適性・関心・価値観に関する現状を把握した上で、キャリア形成を支援するために、専門家として助言するのが、プロフェッショナル・キャリア・カウンセラーの仕事。プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会の養成講座受講後、修了試験に合格すれば資格が取得出来る。【プロフェッショナル・キャリア・カウンセラーの資格を取得する過程】・特になし。...

【証券アナリストの資格とは】証券アナリストは、証券投資の分野で専門知識と分析技術を応用して、情勢分析と投資価値の評価を行い、投資助言や投資管理サービスを提供するプロフェッショナルの仕事である。【証券アナリストの資格を取得する過程】・受験資格は、特になし。・(社)日本証券アナリスト協会実施の1次レベル通信教育講座を受講後、1次試験を受験合格後、2次レベル通信教育講座を受講、2次試験受験合格後、実務経...

大前研一氏が学長を務めるBBT大学は、100%オンラインで文部科学省認可の大学卒業資格「経営の学士」が取得できます。BBT大学に入学する学生の皆さんのバックグラウンドは、高校卒業生から社会人、日本人だけでなく外国人、海外で活躍しようとする方から起業家志望の方まで、多岐にわたります。共通するのは、心のどこかで、「やりたい夢を実現したい」「自分の道は自分で見つけたい」と本気で考えている方です。これから...