IT・PCの資格一覧

IT・PCの資格おすすめ一覧

IT・PC関係の資格種類・難易度一覧です。
IT系、パソコン検定試験・認定試験は数多くあります。就職・転職を有利に進めるためにおすすめのIT系・使えるPC資格をご紹介します。

注目の特集!

 

IT・PCの資格2記事一覧

【CADオペレーターの資格とは】CADとは、コンピュータを用いて設計・製図・デザインを行うシステムのことである。CAD専用ソフトを使えば、画面上で効率よく製図などができる。そうしたシステムを用いて用途に応じた図面を作成するのが、CADオペレーターの仕事である。【CADオペレーターの資格を取得する過程】・学校(スクール)で、専用ソフトの知識を身につける。資格は必須ではないが、(社)日本パーソナルコン...

【eコミュニケーション検定の資格とは】I T 技術を駆使して仕事に活用することは、もはや常識ともいえるが、同時に高いコミュニケーション能力も必要とされる。テクニカルな面だけでなく、多くの人材が集まる中で仕事をスムーズに遂行し、プロジェクトをマネージメントする力を試験するのが、このeコミュニケーション検定の資格である。対象技術者はシステムエンジニアやシステムインテグレータ、プログラマーなど。【eコミ...

【セキュリティコンサルタントの資格とは】ネットワークセキュリティサービス提供、情報セキュリティコンサルティングを行い、具体的には、ネットワークセキュリティソリューションの設計・開発・構築・運用、情報セキュリティコンサルテーション 、情報セキュリティ診断・監査 、情報セキュリティサービスの企画・開発・運用 などを行ないます。【セキュリティコンサルタントの資格を取得する過程】・まずは養成学校(スクール...

【グラフィックデザイナーの資格とは】日常よく目にする広告や雑誌、書籍をはじめとポスター、看板、各種カード、カタログ、包装紙、ダイレクトメールなど、いわゆる印刷物と呼ばれるもののデザインの仕事を一手に引き受けているのが、グラフィックデザイナーである。【グラフィックデザイナーの資格を取得する過程】・プロ養成専門学校(スクール)で身に付ける。就職先は、デザイン事務所、印刷会社や広告代理店のデザイン関連部...

【CGデザイナーの資格とは】CGデザイナーは、CG(コンピュータグラフィックス)を用いて質感や陰影のある画像を創り出すスペシャリスト。CGはゲーム・アニメーション・グラフィックデザイン・テレビ・映画などデザインや映像の分野だけでなく、建築・都市計画・機械の設計など幅広く活用されており、需要の増大とともに人気も急上昇中の仕事である。【CGデザイナーの資格を取得する過程】・プロ養成学校(スクール)、専...

【パソコンインストラクターの資格とは】パソコンインストラクターの主な仕事は、パソコンの展示会、ショールールなどでパソコン操作のデモンストレーションを行なったり、企業の社員講習会などに出向いてパソコンの操作指導やアドバイスを行うことである。【パソコンインストラクターの資格を取得する過程】・学校(スクール)の養成講座、コースで取得するのが一般的。必須の資格はないが、マイクロソフトのMOT(マイクロソフ...

【ヘルプデスクの資格とは】社内ヘルプデスクとして、OA・パソコンの専門知識を活かして、Wordの文書作成〜表・罫線などの挿入、Excelの表作成〜計算式の作成・関数基本〜フィルタの作成程度、 PowerPointなどパソコンの操作法やソフトの操作法等、社員からの問合せに対応、パソコンを使った業務がスムーズに行くようにサポートする仕事である。【ヘルプデスクの資格を取得する過程】・学校(スクール)のテ...

【Webプロデューサーの資格とは】現在Webの分野ではHTMLだけではなくシステム・映像・ゲーム・携帯関連・ライブ配信などあらゆるコンテンツが必要とされています。制作の際に、コンセプト作り、予算、制作進行、完成したホームページのプロモーション等を管理する。製作スタッフとクライアントを結び付ける役割を果たす仕事である。【Webプロデューサーの資格を取得する過程】・制作の基礎や、HTML等の言語の知識...

【Webディレクターの資格とは】急成長のメディアは、常にインフラと新しいデザイン、新しい技術が投入される。最新のインタラクティブなコミュニケーション環境をWebサイトへ導入するノウハウを修得し、デザインセンスとコンテンツプロデュース力を磨く。 どのようなホームページを作りたいのか、デザイナー等の制作スタッフに指示を出し、完成したホームページをチェックし、修正の指示を出したりもする仕事である。【We...

【ネットワークエンジニアの資格とは】ネットワーク、サーバ、セキュリティなどのシステムの設計・構築・運用・監視・保守などを行い、作業効率のアップとコストの削減を図る仕事である。【ネットワークエンジニアの資格を取得する過程】・専門学校(スクール)のプロ養成講座で勉強し、取得。情報処理技術者の国家資格「テクニカルエンジニア(ネットワーク)」は取得しておきたい。システム開発会社やネットワーク機器メーカーに...

【サーバー管理者の資格とは】Webサーバーを正常に動作させる為、運用中に起きうるいろんな事態に対する適切な対処、管理をする。すなわちサーバーの設定・管理、動作監視等を行い、またウィルス対策等のセキュリティ対策も行う仕事である。【サーバー管理者の資格を取得する過程】・学校(スクール)で学び取得。就職先はシステム開発会社等。派遣社員で働く事もある。求人募集情報にはよくチェックを。在宅で仕事をこなす事も...

【データベースエンジニアの資格とは】システムエンジニアの一種で、データベースシステムの構築や維持管理、運用を行う専門家。 多くのデータを、アクセスしやすくシステム化して、情報を有効に展開し、活用しやすいデータベースを作る。【データベースエンジニアの資格を取得する過程】・受験資格は特に必須ではないが、日本オクラル(株)が認定する「オクラルマスター」、国家資格である情報処理技術者の「テクニカルエンジニ...

【プログラマーの資格とは】プログラマーは、システムエンジニアが設計した仕様書に基づいて、プログラムを作成する専門家のことである。コンピュータを効率よく作動させるための「命令文」を作り、その命令文をコンピュータ言語に置き換え、さらに命令文どおりに作動するかを繰り返しチェックするのが仕事である。【プログラマーの資格を取得する過程】・専門学校(スクール)でプログラミング言語を勉強し取得。必要なプログラミ...

【システムエンジニアの資格とは】システムエンジニアは、もともと、情報システムの要求定義、設計、構築、運用に従事するものを指す。日本では企業情報システムの開発に携わる者に対して主に使われる。現在では単に、企業情報システムの設計開発者のうち上級の者を指していうことも多い。職場によっては、プログラマーがシステムエンジニアの仕事を兼ねる場合もある。【システムエンジニアの資格を取得する過程】・プログラマーか...

【アプリケーションエンジニアの資格とは】(国家試験)経済産業省が行なっている「情報処理の促進に関する法律」に基づく国家試験である。1つのプロジェクトが終了するまでは、いくつもの工程と、必要な仕事の合せたスキルを持った人材が投入される。そのうち、実際の開発業務を担う工程で、システム設計から開発・試験・導入までを統括的に管理する能力を試験するもの。資格試験問題は、学科試験問題(知識・技術の応用力・実務...

【マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)の資格とは】世界最大のソフトウエアメーカーであるマイクロソフトが認定する世界共通の民間資格である。コンピュータや情報システムに関する技術者を対象とし、マイクロソフト製品についての知識・技能を試験する。MCP認定資格には10種類があり、それぞれの職能に合せて分かれている。対象技術者はシステムエンジニアやシステムインテグレータ、プログラマーなど。【マイクロソフ...

【Webデザイナーの資格とは】Webデザイナーとは、インターネット上のWebページにおける視覚的表現を主にあつかう平面系デザイナーの仕事のひとつ。グラフィックデザイン、インターフェースデザインなどを行う。またページ制作作業全体の規模によっては前後作業として、企画、ライティグ、ドローイング、設計、コンテンツマッピング、HTML、JavaScriptコーディング、CSSコーディング、Flashオーサリ...