日本語教師の資格取得

【日本語教師の資格とは】
日本語教師は日本語を含む言語の音声、文法、意味、運用などといった言語学的な知識だけではなく、語学教授法や言語習得理論、さらには異文化間コミュニケーション、言語政策などといった広範な知識に精通している必要があり、重要な仕事である。そのため、日本語教師のハードルは高く、大学卒であることを前提に、日本語教育能力検定試験に合格していること、大学院で日本語教育を専攻していることを採用条件にしている教育機関もある。

 

【日本語教師の資格を取得する過程】
・養成学校(スクール)の日本語教師養成講座、通信講座で取得。(財)日本国際教育協会の日本語教育能力検定に合格すると、転職に有利。就職先は、日本に駐在する各国外交官を対象にした日本語研修所留学生や外国人ビジネスマン対象の日本語学校、大学等。海外の日本語教育機関で働く道も、求人募集にはよくチェックすること。

 

【日本語教師の試験日程】
・要問合せ。

 

【日本語教師の合格率・難易度】
・−−

 

【日本語教師の収入(給料)・年収】
・手当・収入アップもある。

 

【日本語教師の資格に向いているタイプ】
・世界を舞台に活躍したい人。手に職をつけたい人。