家電製品アドバイザー

【家電製品アドバイザーの資格とは】
家電製品アドバイザーは、流通関係の販売・営業系の仕事に従事する人、または消費者からの各種相談を受ける業務に従事する人を主な対象にした資格制度で、(財)家電製品協会認定センターが認定している。「AV情報家電」と「生活家電」の2部門の資格があり、試験問題は、商品選択、使用方法、不具合発生、廃棄などについて適切なアドバイスを行うための知識問題と技能問題が審査される。

 

【家電製品アドバイザーの資格を取得する過程】
・受験資格は特になし。

 

【家電製品アドバイザーの試験日程】
・3月、9月。 1日で両部門の受験が可能。

 

【家電製品アドバイザーの合格率・難易度】
・33%。

 

【家電製品アドバイザーの収入・年収】
・手当・収入アップもある。

 

【家電製品アドバイザーの資格に向いているタイプ】
・販売・営業部門で働く人、消費者からの相談業務従事者。