バイリンガルセクレタリー

【バイリンガルセクレタリーの資格とは】
外資系企業で語学力を活かして働く秘書。特定の役職にある人に対し、その活動を助けることを仕事とする役職、職業である。仕事内容は、電話応対、スケジュール調整、書類・原稿作成などである。一人ではなく複数の人につく場合もある。

 

【バイリンガルセクレタリーの資格を取得する過程】
・専門学校の秘書学科等で学び、秘書業務に必要な専門知識を取得する。加えて、英語力も英検準1級レベル以上に迄磨いておきたい。資格は特に必要ないが、日本秘書協会が主催するCBS(国際秘書)検定の合格者は評価が高い。就職先は、外資系企業に秘書として入る。

 

【バイリンガルセクレタリーの試験日程】
・要問合せ。

 

【バイリンガルセクレタリーの合格率・難易度】
・−−

 

【バイリンガルセクレタリーの収入・年収】
・手当・収入アップもある。

 

【バイリンガルセクレタリーの資格に向いているタイプ】
・英語力はもとより、どんな場面でも通用する礼儀作法を身に付けている人。