消防設備士

消防設備士

【消防設備士の資格とは】(国家試験)
劇場やデパート、ホテルといった建物では、それらの用途、規模、収容できる人数に合わせて屋内消火栓設備やスプリンクラー設備、自動火災報知設備などの消防用設備等または特殊消防用設備等を設置しなくてはならない。これは法律によって定められており、その工事や整備などをするために必要な資格である。免許にも種類があり、甲種消防設備士と乙種消防設備士に分かれ、甲種には特類・第1類・第2類・第3類・第4類第5類、乙種には第1類・第2類・第3類・第4類・第5類・第6類・第7類がある。

 

【消防設備士の資格を取得する過程】
・受験資格は、[乙種]特になし。 [甲種] 詳細、要問い合わせ。
・試験問題は、筆記試験問題と実技試験問題(記述式の鑑別試験)がある。

 

【消防設備士の試験日程】
・各都道府県によって異なる。

 

【消防設備士の合格率・難易度】
・甲種: 32.3%。 乙種: 33.5%。

 

【消防設備士の収入・年収】
・年収 250〜500万円(独立した場合)。

 

【消防設備士の資格に向いているタイプ】
・社会に貢献したい人、手に職をつけたい人。

関連ページ

秘書技能検定
事務・オフィススキルの資格:【秘書技能検定の資格とは】秘書技能検定は、文部科学省が認定した資格で、秘書として求められる能力や人柄、マナー、経営知識、ファイリングなど、事務担当者の普段の仕事に役立つ...
バイリンガルセクレタリー
事務・オフィススキルの資格:【バイリンガルセクレタリーの資格とは】外資系企業で語学力を活かして働く秘書。特定の役職にある人に対し、その活動を助けることを仕事とする役職、職業である。仕事内容は、電話応対...
国際秘書検定(CBS)
事務・オフィススキルの資格:【国際秘書検定(CBS)の資格とは】国際秘書検定(CBS)は、日本秘書協会が認定する資格で、年1回、日英両語による検定試験が実施される。資格は、準CBS資格とCBS資格の2種から構成され、日本秘書協会が主催する講座を受講することが、受験の必須条件...
秘書能力検定
事務・オフィススキルの資格:【秘書能力検定の資格とは】秘書能力検定試験は、(社)全国経理教育協会の認定資格である。検定資格試験は、秘書能力検定1級、秘書能力検定2級、秘書能力検定3級の3資格から構成...
日本語文書処理技能検定(日商文書技能)
ワープロ実務検定
日本語ワープロ技能資格
キータッチ2000テスト
日商マスター
文書処理能力検定(ワープロ)
ビジネス文書検定
グレグ英文速記検定
速記技能検定
電子化ファイリング検定
ファイリング・デザイナー検定
珠算検定
珠算能力検定
珠算検定(公的)
珠算・電卓実務検定
暗算検定
計算力検定
電卓計算能力検定
電卓・ポケコン技能検定
電卓技能検定
校正技能検定
事務・オフィススキルの資格:【校正技能検定の資格とは】校正技能検定は、日本エディタースクールが1966年から実施している、校正実務に関する試験である。現在は、校正技能検定3級、校正技能検定4級、校正技能検定5級...