弁理士 資格取得

弁理士

【弁理士の資格とは】(国家試験)
・弁理士の資格は、企業活動がグローバル化したこともあり、世界を舞台にして産業財産制度のエキスパートとして活躍できる資格である。

 

・近年弁護士との共同受任での特定侵害訴訟代理権が認められたこともあり、単なる代行ではなく、今後は紛争処理を前提とした知的財産権の専門家としての活動が期待されている。

 

・アイデアや発明を特許・実務新案・意匠・商標などの形で、発明者や発案者に代わって特許庁に出願・申請し、登録を行うために必要な国家資格の仕事である。出願業務の代行に加え、物権について権利が侵害されたとき審理請求や訴訟の代理を行なったり、工業所有権そのものについて鑑定業務などを行なう。

 

【弁理士の資格を取得する過程】
・受験資格は、特になし。
・国家試験問題は1次(短答式)、2次(論文式)、3次(口述式)があり、著作権法、特許実用新案法等幅広く問われる。

 

・受験対策は、専門学校・予備校・通信教育等を利用し、徹底的に勉強できるテキスト・問題集・過去問題・参考書などを繰り返し行なおう。また、傾向と対策が把握できる講習会・受験対策講座・模擬試験も合わせ合格を勝ち取ろう。

 

・就職は弁理士事務所・弁理士特許事務所、企業の特許部・知的財産部特許事務所で求人・募集情報にはチェックをすること。。独立開業する人もいる。

 

【弁理士の試験日程】
・[短答式試験問題] 5月中旬〜下旬。 [論文式試験問題] 7月上旬。 [口述試験問題] 10月上旬〜中旬。

 

【弁理士の合格率・難易度】
・7.1%。

 

【弁理士の収入(給料)・年収】
・技量次第で高収入もある。

 

【弁理士の資格に向いているタイプ】
・社会に貢献したい人、就職・転職に役立てたい人、独立・開業を目指したい人。

関連ページ

司法書士
【司法書士の資格とは】(国家試験)司法書士の仕事は、日常生活で発生するさまざまな法律事務を代行する業務を行なう。不動産登記代理・商業・法人登記代理・供託手続き代理・簡易裁判所訴訟・代理関連業務が、司法書士の独占業務と定められている。さらに、行政書士法の改正によって、訴訟代理も可能となり、弁護士よりも身近な司法の専門家として、その活躍のフィールドは、ますます広がりつつある...
行政書士
【行政書士の資格とは】(国家試験)運転免許の更新申請書や車庫証明書、営業許可、出入国手続き、建築許可や法人設立など、私達の日常生活に身近な行政(法律)上の手続きなど、煩雑な書類作成・提出を代行・処理し、アドバイスを行うのが行政書士の主な仕事である...
交通巡視員
司法・警察・消防・自衛隊の資格取得情報です!【交通巡視員の資格とは】 警察職員として歩行者や自転車の通行の安全の確保、駐車違反車両の取締のほか、交通安全指導などの仕事を行う地方公務員である。この業務に関しては警察官と同等の業務を担うが、警察...
海上自衛隊技術海曹
司法・警察・消防・自衛隊の資格取得情報です!【海上自衛隊技術海曹の資格とは】(国家試験) 海上自衛隊には、高度な知識と技術を必要とする設備が各種そろえられている。海上自衛隊技術海曹は、船舶・航空機・武器・施設などの研究開発といった技術分野を...
海上自衛隊技術幹部
【海上自衛隊技術幹部の資格とは】(国家試験) 海に囲まれた日本では、海上自衛隊の果たす役割は大きい。施設をはじめ、艦船や武器などに使用される技術は高度なものとなる。海上自衛隊では、これら技術分野で活躍する幹部要員を採用している。大学の理学部・工学部で定められた専門学科を専攻し、関連技術の実務経験があることが条件である。...
女性自衛官2等陸・海・空士
司法・警察・消防・自衛隊の資格:【女性自衛官2等陸・海・空士の資格とは】(国家試験)自衛隊の各部隊に所属し、精力的な活動を行なう自衛官には、男性だけでなく女性も多い...
女性消防官
司法・警察・消防・自衛隊の資格:【女性消防官の資格とは】 災害から守る役割を担う。災害にはさまざまなものがあり、火災のほか、台風、火山噴火、地震などによる自然災害、化学施設などにおける事故、テロ事件など...
陸上自衛官(看護)
医科・歯科幹部自衛官
裁判所事務官
家庭裁判所調査官補
法務教官
刑務官
自衛官2等陸・海・空士(男子)
皇宮護衛官
警視庁警察官
警視庁職員
警察犬訓練士
海上保安学校学生
海上保安大学校学生
航空保安大学校学生
東京消防庁消防官・女性消防官
可搬消防ポンプ等整備資格者
防火管理者
防衛庁職員
防衛大学校学生
防衛医科大学校
自衛隊一般曹候補学生・曹候補士
自衛隊幹部候補生(歯科・薬剤科)
自衛隊幹部候補生
自衛隊生徒
自衛隊貸費学生
海上・航空自衛隊航空学生
陸上自衛隊看護学生
入国警備官