ダンス教師 資格取得

ダンス教師

【ダンス教師の資格とは】
若い女性の間でダンス人気が急上昇中である。ダンスによる感情や意思の伝達、表現、交流など。ダンスといっても、社交ダンス・フラダンス・ヒップホップ・バレエ・ジャズ・民族舞踊などジャンルは様々。自分の目指すジャンルをはっきりと決め、ダンス養成学校(スクール)、講座等でしっかりテクニックを身に付けることが教師への近道。ダンサーとして舞台に立てる位の実力が必要。

 

【ダンス教師の資格を取得する過程】
・高校卒業後、公認ダンス教授学校(スクール)で60時間の研修を受ける、全日本ダンス協会連合会各地域会主催のダンス教師資格試験認定講習を8時間受講後、「社交ダンス教師試験」を受験、合格して資格を取得する。

 

【ダンス教師の試験日程】
・要問い合わせ。

 

【ダンス教師の合格率・難易度】
・ーー

 

【ダンス教師の収入・年収】
・手当・収入アップもある。

 

【ダンス教師の資格に向いているタイプ】
・人と触れ合うのが好きな事も重要な資質。ハードレッスンに耐えられる体力や、人前に出ても物おじしない度胸も必要。

関連ページ

アスレティックトレーナー
スポーツトレーナーの資格:【アスレティックトレーナーの資格とは】アスレティックトレーナーは、スポーツ選手の体調やコンディション管理に欠かせない存在です。マッサージを行なうトレーナーから、トレーニング計画を立案したり怪我の治療をするトレーナー...
スキー指導員・スキー準指導員
スポーツトレーナーの資格:【スキー指導員・スキー準指導員の資格とは】スキー指導員は、(財)全日本スキー連盟が公認するスキーのインストラクター資格です。スキー指導員になるには、第1にスキー準指導員の資格を取得し2年以上経過している...
スキューバダイビングインストラクター
スポーツトレーナーの資格:【スキューバダイビングインストラクターの資格】スキューバダイビングインストラクターになるには、(株)パディジャパンが実施するインストラクター開発コースを受講して、2日間の試験に合格...受験するには18歳以上であるほか、100ダイブ以上の経験やダイバーの認定証であるCカードを取得して...
ライフセーバー
スポーツトレーナーの資格:【ライフセーバーの資格とは】ライフセーバーは、水辺でおぼれた人の人命救助や、事故防止のための監視などを行なう人のこと...日本ライフセービング協会が実施する講習会に参加...計6資格です...
ゴルフインストラクター
スポーツトレーナーの資格:【ゴルフインストラクターの資格とは】ゴルフインストラクターは、プロゴルファーを目指す人や趣味としてゴルフを楽しむ人達に基礎から上達のコツまで様々なレベルのゴルファーにインストラクトするもの。女性インストラクターのニーズ...
スイミングインストラクター
スポーツトレーナーの資格:【スイミングインストラクターの資格とは】地域のスポーツクラブなどで、子ども達や初心者を対象に、水泳を安全に楽しむ為には、泳ぎのプロから適切な指導を受けることが大変重要。そうした指導に当るのがスイミングインストラクターの仕事...
エアロビクスインストラクター
スポーツトレーナーの資格:【エアロビクスインストラクターの資格とは】広くフィットネスクラブなどで行なわれているエアロビクスのインストラクターとして、適切な指導を行うための能力を認定するもの...
スポーツプログラマー
スポーツトレーナーの資格:【スポーツプログラマーの資格とは】(財)日本体育協会が主催する講習を受けた後、認定試験を経て取得することができる資格である。青年期以降の人たちを対象として...スポーツプログラマー1種(地域社会対象)とスポーツプログラマー2種...
健康運動指導士
【健康運動指導士の資格とは】(財)健康・体力づくり事業財団が主催し、心臓病をはじめとする生活習慣病を予防し、健康な生活を維持することを目的にした資格であります。この健康・体力づくり実現のために、安全かつ効果的な運動を実践できる運動プログラム...